協栄防災工業株式会社

東京・埼玉の消防用設備設計施工・防災保守管理・リニューアル工事

協栄防災工業株式会社

336-0931 さいたま市緑区原山4丁目6番20号 TEL.048-887-0119 FAX.048-885-9595

消防設備点検

防災設備工事 消火器 自動火災報知設備 火災通報装置 防火・防排煙設備 非常警報設備 避難設備 消火設備 住宅用火災警報機器 申請用書式 消防設備点検 保守点検について・流れ よくあるお問い合せ 緊急対応 保守点検見積フォーム 街頭消火器の設置について リニューアル工事 工事内容・作業の流れ リニューアル工事の事例 防災用品 防犯・交通用品 AED 消火器の廃棄処分について

消防設備保守点検について

建物には各種の消防用設備等が設置されていますが、これらは平常時に使用することがないため、いざという時に確実に作動し、機能を発揮するかどうかを日頃から確認しておくことが重要です。
このため、消防法では消防用設備等の定期的な点検と消防機関への報告を義務付けています。

点検の時期と報告期間

機器点検は6ヶ月ごと。総合点検は1年ごとに実施です。
特定対象物は1年ごと、非特定対象物は3年ごとに消防署に報告します。

点検完了までの流れ

ビ ル

対象物を現場調査します。
 
見積書 お見積書の提出
 
書 類
入居者に事前に告知します。
 
点 検
点検の実施。
 
報告書書類
点検者が点検報告書を作成します。
 
不具合箇所の改修
不具合があれば、見積書の提出と改修の提案をします。
 
点検報告書にオーナー様に押印をしていただきます。
 
消防署に提出
消防署へ点検結果報告書を届出ます。副本は返却されます。
(代理でのお届けも可能です)


点検事例   点検事例
     
自火報感知器の点検   避難器具の点検
     
点検事例   点検事例
     
消火器の点検
(本体の耐用年数は8年です)
  連結送水管耐圧試験
(設置から10年経過で実施)
     
点検事例   点検事例
     
誘導灯の点検
非常放送の点検
  移動式消火設備の点検
     
点検事例   点検事例
     
屋内消火栓ポンプの点検   屋内消火栓箱の点検
 
点検報告時によくあるお問い合わせ→次ページ
 
365日24時間サポート体制
 
保守点検フォームを開く
上のバナーをクリックしていただくと保守点検見積依頼フォームが開きます。
 

点検は私達社員が適切に行います。
ご安心ください。

スタッフ   スタッフ
     
スタッフ   スタッフ
 

 

 

HOME